札幌大通り日記

子供の寝相

今朝は背中に衝撃を受けて目覚めました。振り返ると、予想していた通り、となりで寝ていた息子の足が。 息子は…というより、子供というのは本当に寝相が悪いものです。 小さい頃ならまだマシですが、小学生高学年にもなると身体も大きくなる為、被害をもろに受けた時、かなりキツいものがあります。

以前も息子に頭突きされ、顎が外れたことがあります。 しかし怒るわけにはいきません。なにしろ相手は夢の中だったわけですから。 そういう私も子供の頃は、寝相が悪かったらしいです。頭と足が逆になって朝に目覚めるレベルならいいのですが、寝惚け癖もひどかったらしく、普通に歩いたり喋ったりしていたそうです。そこまでいくと、もう夢遊病だったのかもと思います。

知り合いでも、寝惚けて二階から落ちた中学生がいるので、家族としては油断できません。 寝相が悪いのは(ある程度)我慢しますが、それが怪我につながることだけは避けたいです。 そしてまだまだしばらくは、息子の寝言や寝返り蹴りで、朝までには一度は起こされる日々が続きそうです。認知症効果が認められているサプリはこちら

Comments are closed.